Airbrakeのシングルサインオン設定

2022年9月に更新したものです。

Airbrakeのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • 特になし

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. Airbrake(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとAirbrakeアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. Airbrakeにログインし、右上にあるアイコンをクリックして「Account & billing」をクリックします。
  2. 「Account settings」画面にある「Security」のタブをクリックし、「Enable SAML」ボタンをクリックします。
  3. 次の画面でSAMLの設定を行います。正常に有効化されると、「Security」画面に「SAML enabled」と表示されます。

Airbrake(SP)管理画面のSSO設定

Airbrakeの設定 メタップスクラウド項目名
SAML/IdP Metadata URL MCloud エンティティID

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にAirbrakeから共有された情報をメタップスクラウドに設定します。

メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL SAML Endpoint URL
デフォルト Relay State 入力不要

 

メタップスクラウドとAirbrakeアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとAirbrakeのログインIDが一致している必要があります。