Hubbleのシングルサインオン設定

2021年12月に更新したものです。

Hubbleのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • 「SSO(SAML)認証」のオプションサービスが必要です
  • SAMLが有効化されると、メールアドレスでのログインはできなくなります

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. Hubble(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとHubbleアカウントIDの関連付け
  5. メタップスクラウドのダッシュボードからログインする場合

 

SAML認証の設定手順

  1. Hubbleにログインし、右上のプロフィールアイコンをクリックし、「管理画面」をクリックします。
  2. 管理画面のメニューにある「アプリケーション」をクリックし、「SSO(SAML)認証」の「詳しく見る」をクリックします。
  3. 「SSO(SAML)認証」の画面にある「SAML認証の設定を開始する」をクリックし、SAML設定を行います。
  4. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

Hubble(SP)管理画面のSSO設定

 
Hubbleの設定箇所 メタップスクラウド項目名
プロバイダ名 Okta
メタデータアップロード アプリ詳細ページからダウンロードしたメタデータファイル

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にHubble側の情報を設定します。

 
メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL ACS URL
SPエンティティID エンティティID
デフォルト Relay State 入力不要

 

 

メタップスクラウドとHubbleアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとHubbleのログインIDが一致している必要があります。

 

メタップスクラウドのダッシュボードからログインする場合

  1. ダッシュボードクリック時には共通のログインURLにアクセスする様にしてあります。
  2. 共通のログインページにある「SAML ログイン」をクリックし、次の画面にメタップスクラウドのメールアドレスを入力し、メタップスクラウド経由でログインします。