マネーフォワード クラウド(会計/勤怠/経費/給与)のシングルサインオン設定

2021年4月に更新したものです。

マネーフォワード クラウド(会計/勤怠/経費/給与)のシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SSOを利用するためには「アカウント統制オプション」の申し込みが必要です

事前準備

  • アプリの登録方法」を参照の上、マネーフォワード クラウドアプリの登録を行ってください

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. マネーフォワード クラウド(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとマネーフォワード クラウドアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. ドメインの設定を行います。
  2. SAML認証とメタデータをアップロードします。
  3. ユーザのSSOを有効にします。
  4. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

マネーフォワード クラウド(SP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページから下記情報を取得して、マネーフォワード クラウドに設定します。

  1. ドメインの設定を行った後に、SSOの設定を行います
  2. マネーフォワード クラウドの設定は、「管理画面」 > 「SSO設定」にて行います
  3. 「ファイルを選択」ボタンをクリックし、ダウンロードしたメタデータを選択します
  4. 「アップロード」ボタンをクリックして保存します
  5. 既にユーザー登録済みの場合、「ユーザー管理」に移動し、「操作を選んでください」をクリックし、「ユーザーのアカウント統制オプションを有効にする」を選択します。対象ユーザーにチェックを入れて「有効にする」をクリックします
  • SSO設定(外部サイト:マネーフォワード クラウドサポート)
マネーフォワード クラウドの設定箇所 メタップスクラウド項目名
Identify Provider(IdP)メタデータのアップロード メタデータ

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にPマネーフォワードクラウド側の情報を設定します。

マネーフォワード クラウドの「管理画面」 > 「SSO設定」にある 「マネーフォワードクラウド(サービスプロバイダー)」 を確認します。

メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL Assertion Consumer Service URL
SPエンティティID エンティティID
デフォルト Relay State 入力不要

 

メタップスクラウドとマネーフォワード クラウドアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとマネーフォワード クラウドログイン用のメールアドレスが一致している必要があります。