New Relicのシングルサインオン設定

2021年11月に更新したものです。

New Relicのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SSOを利用するためにNew Relicのプロ、エンタープライズのプラン契約が必要です

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. New Relic(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとNew RelicアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. New Relicの「Administration」>「Organization & access」画面にて、SAMLの設定を行います。
  2. メタップスクラウドにNew Relic側の情報を入力します。

New Relic(SP)管理画面のSSO設定

  1. New Relicにログインし、ユーザーアイコンをクリックして「Administration」をクリックします。
  2. 「Administration」画面で「Organization & access」をクリックし、「Authentication domains」ボタンをクリックします。
  3. Defaultもしくは任意のドメインを選択し「Authentication」の「Configure」を選択します。
  4. 「SAML SSO」を選択し、メタップスクラウド側の情報を入力し、「Save」ボタンをクリックします。
  5. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。
 
New Relicの設定箇所 メタップスクラウド項目名
「Source of SAML metadata」>「Upload a certificate」 アプリ詳細ページからダウンロードした証明書ファイル
SSO target URL
SSO URL

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にNew Relic側の情報を設定します。

 
 
メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL Assertion consumer URL
SP エンティティID Our entity ID
デフォルト Relay State 入力不要

 

 

メタップスクラウドとNew RelicアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとNew RelicのログインIDが一致している必要があります。