ラクローのシングルサインオン設定

2022年6月に更新したものです。

ラクローのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SSOの設定希望日時をラクローに事前連絡する必要があります
  • SAMLを設定する場合、管理者を除き、ラクローに設定したメールアドレス / パスワードでログインできなくなります

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. ラクロー(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとラクローアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. ラクローにログインし、「組織設定」>「企業」を開きます。
  2. 「SAML設定」にある「SAML metadata xml」にメタップスクラウドのアプリ詳細ページからダウンロードした「メタデータ」の内容をコピーして貼り付け、「更新」ボタンをクリックして保存します。
  3. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

ラクロー(SP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページから下記情報を取得して、ラクローに設定します。


ラクローの設定箇所 メタップスクラウド項目名
SAML metadata xml アプリ詳細ページからダウンロードした「メタデータ」の内容をコピーして貼り付け
 

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にラクロー側の情報を設定します。

メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL SAML ACS Url
SPエンティティID SAML Metadata Url
デフォルト Relay State 入力不要

 

メタップスクラウドとラクローアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとラクローのユーザーメールアドレスが一致している必要があります。