Wrikeのシングルサインオン設定

2021年11月に更新したものです。

Wrikeのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SSOを利用するためにWrikeのEnterpriseのプラン契約が必要です

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. Wrike(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとTableauアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. Wrikeの「設定」>「認証」画面にて、SAMLの設定を行います。
  2. メタップスクラウドにWrike側の情報を入力します。
  3. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

Wrike(SP)管理画面のSSO設定

  1. Wrikeにログインし、プロフィールアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「セキュリティ」を選択し、「SAML SSO」にある「SAML SSOをセットアップ」をクリックします。
  3. 「SAML SSOの設定」のポップアップで「その他」を選択し、「次」をクリックします。
  4. 次のポップアップでも「次」をクリックします。
  5. 「ID プロバイダーからのメタデータを指定します」のポップアップで「XMLを入力してください」を選択し、メタップスクラウドからダウンロードしたメタデータファイルをメモ帳等で開いて、内容をコピーして貼り付け、「次」をクリックします。
  6. 次のポップアップで「SAMLの設定を有効にする」ボタンをクリックし、メールアドレスに確認用コードが届きます。メールからコードを貼り付けて、「確認」をクリックします。
  7. 次の画面に「SAMLの設定を保存します」ボタンをクリックして完了です。
 
Wrikeの設定箇所 メタップスクラウド項目名
XMLを入力してください アプリの詳細ページからダウンロードしたメタデータファイルのコピー

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にWrike側の情報を設定します。

 
 
メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL https://www.wrike.com/saml/SSO
SP エンティティID https://www.wrike.com
デフォルト Relay State 入力不要

 

 

メタップスクラウドとWrikeアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとWrikeのログインIDが一致している必要があります。