X-point Cloudのシングルサインオン設定

2021年4月に更新したものです。

X-point Cloudのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SAMLの設定はオプション申込です
  • メタップスクラウドのログインID(メールアドレス)とX-point CloudのログインIDが一致している必要があります
  • SAML認証サービスを利用する場合、X-pointには単独ログインができなくなります

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. X-point Cloud(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとX-point CloudアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. 「SAML認証サービス設定」画面より、メタップスクラウドの情報を入力します。
  2. メタップスクラウド側の情報は、以下の「メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定」を確認します。
  3. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

X-point Cloud(SP)管理画面のSSO設定

  1. メタップスクラウドのアプリ詳細ページから下記情報を取得して、「管理者サイト」>「ドメイン」>「SAML認証サービス設定」画面に設定します。
  2. 「SAML認証サービス設定」より、「設定変更」ボタンをクリックし、「SAML認証サービス」を「利用する」にします。
X-point Cloudの設定箇所 メタップスクラウド項目名
IdPのSSOエンドポイントURL SSO URL
IdPが署名に使用する公開鍵の証明書 ダウンロードした「証明書」
デフォルト戻り先URL https://app.metapscloud.com
ログアウトURL SLO URL
リンク代替テキスト MetapsCloud

 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にX-point Cloud側の情報を設定します。

メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL https://[ドメイン].atledcloud.jp/xpoint/saml/acs
SPエンティティID https://[ドメイン].atledcloud.jp
デフォルト Relay State 入力不要

 

メタップスクラウドとX-point CloudのログインIDの関連付け

メタップスクラウドのログインID(メールアドレス)とX-point CloudのログインIDが一致している必要があります。