Zapierのシングルサインオン設定

2022年1月に更新したものです。

Zapierのシングルサインオン設定の手順をまとめたページです。

 

利用に際しての注意点

  • SSOを利用するためにCompaniesのプラン契約が必要です
  • SSOの設定を行うと、ユーザーは通常のZapierログインページからID/パスワードでサインインできなくなります

事前準備

 

SSO連携の手順

  1. SAML認証の設定手順
  2. Zapier(SP)管理画面のSSO設定
  3. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定
  4. メタップスクラウドとZapierアカウントIDの関連付け

 

SAML認証の設定手順

  1. Zapierにログインし、右上にあるアイコンをクリックして「Settings」を選択します。
  2. 「Zapier Settings」の画面で「Security」をクリックします。
  3. 「Security」画面にある「Single Sign On」をクリックします。
  4. 「Single Sign On」画面でSSOの設定を行います。
  5. メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定したら、Zapier側で「Test Configuration」ボタンをクリックします。
  6. 「It works!」のメッセージが表示されましたら、SSOが正しく設定しています。
  7. 「Single Sign On」画面に戻って、ページの下にある「Enable SAML login」を選択し、「Save Changes」ボタンをクリックし、SSOを有効になります。
  8. メタップスクラウドの管理者画面で、アプリ詳細>アプリ設定の登録ページで「ステータス」を「有効」に設定します。

Zapier(SP)管理画面のSSO設定

 
Zapierの設定箇所 メタップスクラウド項目名
Entity ID MCloud エンティティID
SSO URL SSO URL
Certificate アプリ詳細ページの「証明書」のコピーして貼付
 
 
 

メタップスクラウド(IdP)管理画面のSSO設定

メタップスクラウドのアプリ詳細ページの「SSO」> SAML2.0を選択し「設定へ進む」ボタンをクリック >「SAML設定の登録」にZapier側の情報を設定します。

 
メタップスクラウド項目名 設定値
ACS URL Consumer URL
SP エンティティID Audience
デフォルト Relay State 入力不要

 

 

メタップスクラウドとZapierアカウントIDの関連付け

メタップスクラウドのログインIDとZapierのログインIDが一致している必要があります。